2015年07月23日

どこにでもあるトラリピレポート(2015/7/1)

レポート(2015/1/1)からあらためて運用開始(ポジションと証拠金自体は2014からの引継ぎ有)
2015年から改めてレポートを行っている。
前回からの主な変更点
・特になし

2014年損益
11月 売買損益  7,700円 スワップ 327円 合計 8,027円
12月 売買損益  4,000円 スワップ 891円 合計 4,891円
合計 売買損益  11,700円 スワップ 1,218円 合計13,918円
 9月13日までのトラリピ分実現損益が18430円なので当レポート開始からの損益は
32,348円 ひと月あたり5,391円の利益となった。 裁量分の-27,136を加えると。
5,212円 ひと月あたり868円の利益となった。 
途中からかなり雑になってしまったが2014年7月〜12月のAUD/USDトラリピ運用はプラス収支となった。
なお、トラップの張り方については何度か張り替えてしまっているので割愛。(上値は追いかけているがおおむね、安全方向への張り替えなので9月時点から大きな利益率拡大へは至ってない。)
以下2015年1月からのリニューアルレポート

2015/1/1時点での口座残高  310849円 
2月に証拠金として50,000円入金 総証拠金額360849円 

1月 売買損益  8,990円 スワップ1,825円 合計10,815円
2月 売買損益  8,000円 スワップ1,996円 合計 9,996円
3月 売買損益  5,200円 スワップ1,945円 合計 7,145円
4月 売買損益  4,400円 スワップ2,606円 合計 7,006円
5月 売買損益  5,600円 スワップ1,650円 合計 7,250円
6月 売買損益  3,600円 スワップ1,701円 合計 5,391円
合計 売買損益 35,790円 スワップ11,813円 合計47,603円

6月末締め 口座残高  408,452円口座反映前損益1,250円 含み損益 -47,950円
利益総額〈口座反映前損益加味〉48,853円(+13.53%) 時価残高 361,752円 円 損益 +903(+0.25%)

トラップ設定
AUD/JPY
1本1000通貨
101.50〜86.00 50銑 利確400円
以降50円まで50銑間隔 利確400円で仕掛ける予定

50円まで耐えるのに必要な証拠金額 約230万
口座残高不足額 1891548円 (2月末時点1918340円)
証拠金2,300,000に対する利益率
含み損益除外 +2.12% 含み損益加味 +0.03%

雑感
 2015年も半分が過ぎた。設定当初半年で5万あわよくば一月1万で半年で6万と想定していたが(根拠はない)結果、48,853円(+13.53%)となり想定には届かなかったが、わずかではあるが評価額ベースで+903(+0.25%)と+で終えたのは嬉しい。
 7月に入り相場が大きく動き執筆時点(7月23日)では含み損が発生しておりトータルでみると-1.73%(6月末時点より-1.76%)になってしまっているが、口座残高自体は6月末時点より+0.35%と増加している。
 7月23日時点の口座状況
 口座残高 416,726円 (6月末時点より+0.35%)
 含み損益 -95,860円
 時価残高 320,866円
 損益   -39,983円(6月末時点より-1.76%)



備考
想定しているAUD/JPY50円になっても破綻しない証拠金と証拠金に対する利益率を記載。
(必要証拠金額に関してはかなりおおざっぱな計算なので、トラリピ運用を行う際には独自に計算ください)
必要証拠金の総額は2,300,000としているが、現段階で全額トラリピ口座へ入金してしまっても運用に関与しない無駄資金が多くなるため、流動性の高い形でいざという時のために担保しておく程度にとどめている。
必要であれば随時入金する。(トラリピの利益分でまかなえてしまうことが望ましいのだが)
2014年に関しては裁量分の負けで通算すると−に終わると思っていたのだが、蓋を空けてみれば微々たるものではあるものの+収支で終えられたのはうれしい。
2015年については、トラリピ口座で裁量トレードを行う予定はないことと、長期を見据えての証拠金額とトラップ量を想定しての運用となるのでより安定したレポートを送れる。…はず。

以上

ラベル:トラリピ
posted by sailfish at 13:39| Comment(0) | トラリピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

どこにでもあるトラリピレポート(2015/3/1)

レポート(2015/1/1)からあらためて運用開始(ポジションと証拠金自体は2014からの引継ぎ有)
2015年から改めてレポートを行っている。
前回からの主な変更点
・2015年1月1日よりの証拠金として設定した2014年からの繰り越し額を記載ミスしていたので修正 +7円

2014年損益
11月 売買損益  7,700円 スワップ 327円 合計 8,027円
12月 売買損益  4,000円 スワップ 891円 合計 4,891円
合計 売買損益  11,700円 スワップ 1,218円 合計13,918円
 9月13日までのトラリピ分実現損益が18430円なので当レポート開始からの損益は
32,348円 ひと月あたり5,391円の利益となった。 裁量分の-27,136を加えると。
5,212円 ひと月あたり868円の利益となった。 
途中からかなり雑になってしまったが2014年7月〜12月のAUD/USDトラリピ運用はプラス収支となった。
なお、トラップの張り方については何度か張り替えてしまっているので割愛。(上値は追いかけているがおおむね、安全方向への張り替えなので9月時点から大きな利益率拡大へは至ってない。)
以下2015年1月からのリニューアルレポート

2015/1/1時点での口座残高  310,842310849円 ←これを証拠金額として扱う
2月に証拠金として50,000円入金 総証拠金額360,842360849円 ←最新の証拠金額

1月 売買損益  8,990円 スワップ1,825円 合計10,815円
2月 売買損益  8,000円 スワップ1,996円 合計 9,996円
合計 売買損益 16,990円 スワップ3,821円 合計20,811円

3月1日現在 口座残高  381,660円口座反映前損益400円 含み損益 -62,240円
利益総額〈口座反映前損益加味〉21,211円(+5.87%) 時価残高319,88020円 損益-41,029(-11.37%)

トラップ設定
AUD/JPY
1本1000通貨
101.50〜86.00 50銑 利確400円
以降50円まで50銑間隔 利確400円で仕掛ける予定

50円まで耐えるのに必要な証拠金額 約230万
口座残高不足額 1918340円
証拠金2,300,000に対する利益率
含み損益除外 +0.92% 含み損益加味 -1.78%

雑感
2月が終わった段階で10405円/月の口座残高上昇となった。含み損益も前回レポート時の-19%よりも7.63ポイント上昇。とはいえ、トータルでは-11.37%と少なくない損失にある。今後に期待。
備考
想定しているAUD/JPY50円になっても破綻しない証拠金と証拠金に対する利益率を記載。
(必要証拠金額に関してはかなりおおざっぱな計算なので、トラリピ運用を行う際には独自に計算ください)
必要証拠金の総額は2,300,000としているが、現段階で全額トラリピ口座へ入金してしまっても運用に関与しない無駄資金が多くなるため、流動性の高い形でいざという時のために担保しておく程度にとどめている。
必要であれば随時入金する。(トラリピの利益分でまかなえてしまうことが望ましいのだが)
2014年に関しては裁量分の負けで通算すると−に終わると思っていたのだが、蓋を空けてみれば微々たるものではあるものの+収支で終えられたのはうれしい。
2015年については、トラリピ口座で裁量トレードを行う予定はないことと、長期を見据えての証拠金額とトラップ量を想定しての運用となるのでより安定したレポートを送れる。…はず。

以上

ラベル:トラリピ
posted by sailfish at 23:10| Comment(0) | トラリピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月13日

どこにでもあるトラリピレポート(2015/2/13)

前回レポート(2015/1/1)からあらためて運用開始(ポジションと証拠金自体は2014からの引継ぎ有)
さっぱり更新できなかった。また、更新が滞っていた間にいろいろあったので2015年から改めてレポートする。
2014年の総括をおおざっぱではあるが以下に記載する。
・黒歴史(以下裁量)分により無用な手間と損失が発生
・証拠金に対して多すぎるトラップ数と下手なロスカットの設定によりコスト(手間)がかかった。
・10月に証拠金として10万入金
・裁量分として抱えていたNZD/JPY NZD/USDについてはまとめて10月中に決済 -27136円
2014年損益
11月 売買損益  7,700円 スワップ 327円 合計 8,027円
12月 売買損益  4,000円 スワップ 891円 合計 4,891円
合計 売買損益  11,700円 スワップ 1,218円 合計13,918円
 9月13日までのトラリピ分実現損益が18430円なので当レポート開始からの損益は
32,348円 ひと月あたり5,391円の利益となった。 裁量分の-27,136を加えると。
5,212円 ひと月あたり868円の利益となった。 
途中からかなり雑になってしまったが2014年7月〜12月のAUD/USDトラリピ運用はプラス収支となった。
なお、トラップの張り方については何度か張り替えてしまっているので割愛。(上値は追いかけているがおおむね、安全方向への張り替えなので9月時点から大きな利益率拡大へは至ってない。)
以下2015年1月からのリニューアルレポート

2015/1/1時点での口座残高  310,842円 ←これを証拠金額として扱う
2月に証拠金として50,000円入金 総証拠金額360,842円 ←最新の証拠金額

1月 売買損益  8,990円 スワップ1,825円 合計10,815円
2月 売買損益  4,800円 スワップ1,023円 合計 5,823円(2/12まで)
合計 売買損益 13,789円 スワップ2848円 合計16,638円

2月13日現在 口座残高  378,352円(口座繁栄前損益加味) 含み損益 -86,450円
口座残高増加額17,510円(+4.5%) 時価残高291,902円 損益-68,940(-19%)

トラップ設定
AUD/JPY
1本1000通貨
101.50〜86.00 50銑 利確400円
以降50円まで50銑間隔 利確400円で仕掛ける予定

50円まで耐えるのに必要な証拠金額 約230万
口座残高不足額 1921648円
証拠金2,300,000に対する利益率
含み損益除外 +0.76% 含み損益加味 -2.99%


備考
想定しているAUD/JPY50円になっても破綻しない証拠金と証拠金に対する利益率を記載。
(必要証拠金額に関してはかなりおおざっぱな計算なので、トラリピ運用を行う際には独自に計算ください)
必要証拠金の総額は2,300,000としているが、現段階で全額トラリピ口座へ入金してしまっても運用に関与しない無駄資金が多くなるために流動性の高い形でいざという時のために担保しておく程度にとどめている。
必要であれば随時入金する。(トラリピの利益分でまかなえてしまうことが望ましいのだが)
2014年に関しては裁量分の負けで通算すると−に終わると思っていたのだが、蓋を空けてみれば微々たるものではあるものの+収支で終えられたのはうれしい。
2015年については、トラリピ口座で裁量トレードを行う予定はないことと、長期を見据えての証拠金額とトラップ量を想定しての運用となるのでより安定したレポートを送れる。…はず。

以上


ラベル:トラリピ
posted by sailfish at 21:31| Comment(0) | トラリピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。